目の悩みを知る

眼精疲労はどうやって治す?原因や症状と改善法をご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
眼精疲労の解消法画像
スポンサーリンク


この記事の所要時間: 33

こんにちは。サイト管理人のメシルです。

私は緑内障予備軍ですが、緑内障の症状として今でも眼精疲労が起きますし、緑内障の症状が発覚する前も、よく眼精疲労が起きていました。

眼精疲労は、私生活のパフォーマンスにも影響しえる重大な症状ではありますが、皆さんは「目の疲れ」として軽視しがちです。

そこで今回は、眼精疲労について、どうすれば治せるのか、また、眼精疲労の症状などを詳しくご紹介します。

眼精疲労の症状とは

眼精疲労は目だけの症状と思いがちですが、実は、目に限らず全身にさまざまな症状で現れます

眼精疲労による目の症状

  • 光が眩しく感じる
  • 目のかすみ
  • 目の奥の痛み
  • 目のかゆみ
  • 目の乾き
  • 目の異物感
  • まぶたの痙攣

眼精疲労による身体の症状

  • 重度の肩こり
  • 頭痛
  • イライラ
  • 集中力や持続力が低下
  • 全身がだるい
  • 食欲不振
  • 不眠

もし、これらの内、複数当てはまれば、眼精疲労の疑いが強いと言えます。
眼精疲労を放置すると、重大な病となる場合もあるので、以降で詳しく説明します。

眼精疲労と疲れ目の違いとは

そもそも、眼精疲労と疲れ目に違いがあることをご存知でしたでしょうか?

例えば、目の疲れを感じた状態で一晩休み、翌朝、目の疲れが取れていた場合は、疲れ目になります。
逆に、休憩を取った翌朝でも、目の痛みやかすみ目、頭痛や肩こりなどの症状が残っていた、もしくは、一時的に改善したとしても、症状がぶり返してしまうような場合を眼精疲労といいます。

もし、眼精疲労目の疲れを誤って解釈して放置すると、目の病気の重症化や、眼精疲労のストレスから自律神経系に影響を及ぼす場合もあります。

特に、緑内障の症状として眼精疲労が出ていた場合、自分で目の疲れと思いこみ、見えづらいなどの違和感を感じて眼科で検査したら、末期の緑内障だったなんてことも珍しくありません。
現に、緑内障患者の約9割は自覚症状が無く、たまたま眼科に行った検査で発覚したということが大多数です。

あなた自身で目の状態をしっかり把握し、眼精疲労の対策と改善方法を身につけましょう。

眼精疲労を引き起こしやすい環境とは

長時間のパソコンやスマホ操作

スマホの普及に伴い、液晶画面に触れる機会が増えた現代、このスマホやパソコン操作という細かな作業における目の酷使により、目の痛み、かすみ、眩しさ、目の充血、頭痛、吐き気、肩こりなど全身に症状が出ます

そうした環境からか、10〜20代でも眼精疲労を患っている方が非常多いようです。

度数の合わないメガネやコンタクト

近視、遠視、乱視、老眼、または併発など目は人それぞれ症状は変わってきます。
そんな中、数年前に調整した度数のまま、メガネやコンタクトを使用している方も居ると思いますが、それは疲れ目を引き起こす原因となるのでやめましょう。

また、度数を強めに合わせる事も疲れ目の原因となるので、眼鏡やコンタクトを作る際は、1日にどのくらい使うのか、どのような作業をするのかといった事を眼科の医師に伝え、あなたの生活に合った度数に調整するといいです。

眼精疲労の原因とは

近視・乱視・老眼などの目の症状

近視、乱視、老眼が進行すると、視覚のピント調節を行う為、眼球の内部で水晶体の厚さを調節する筋肉の緊張が継続され、目の疲労が高まります。

また、視力の低下によって目を凝らしたり、顔を前に出すなどの姿勢が増え、疲れ目や肩こり、腰痛とった症状が現れます。

ドライアイや様々な目の病気

パソコンやスマホなどで目を酷使する方が発症しやすい、眼球の表面が乾燥する病気です。

目を保護する役割のある涙液の減少や、涙の質が低下、または、有害な光(紫外線やブルーライト)を浴びることが主な原因で、目の乾燥以外にも、目の疲れや痛みや不快感、眩しさといった眼精疲労も感じることがあります。

他にも、緑内障や白内障、加齢黄斑変性、眼瞼下垂など、様々な目の病気から眼精疲労を起こすこともあります。

風邪や様々な身体の病気

風邪やインフルエンザで体力が低下している時も、眼精疲労の症状が現れる場合があります。

また、更年期障害や自律神経失調症、糖尿病など、様々な病気でも眼精疲労を引き起こします。

精神的ストレス

ストレスが高まるとイライラや不安感などの精神的な影響のみならず、血行不良などの身体的病気を引き起こす原因となり、眼精疲労も影響のひとつと言えます。

icon-comments 眼精疲労の原因は併発することも

眼精疲労の原因が1つだけの場合、目の疲れが起きても眼精疲労まで重症化することは少ないでしょう。
それが、いくつかの原因と併発することで目の負担が増し、眼精疲労へと重症化するのです。
つまり、眼精疲労を治すためにはひとつひとつ原因を解消し、対処していく必要があります。

眼精疲労に効果的な予防法とは

睡眠の質を高める

最適な睡眠時間には個人差があり、一概に何時間とお伝えするのは難しいですが、すっきりと目覚めるのに最適なレム睡眠は90分間隔と言われているので、入眠から約4時間30分、6時間、7時間30分ごろが最適と言えます。

また、目を閉じると、眼球が瞼の上に向くことで筋肉がリラックスでき、さらに熟睡すると、光を感じなくなります。
この、眼に光が入らない状態が眼球の最良のリラックスへと繋がります。

食事で予防・改善する

眼精疲労やドライアイや目の病気に効果的な、魚類に多く含まれるビタミンB6ビタミンE、魚介類に多く含まれるビタミンB12、野菜に多く含まれるビタミンC、ベリー類に多く含まれるアントシアニン、緑黄色野菜に多く含まれるルテインといった成分を、積極的に摂る事をオススメします。
とは言え、毎日これらの成分を補う事は難しいので、私はサプリで補っています。

充血や眼精疲労や目の病気に【小林製薬】ルテインサプリを試した私の口コミは?評価やレビューも徹底調査 icon-arrow-right 」の記事で紹介しています。

一時的な眼精疲労の改善法とは

目を温める

蒸しタオルなどで眼球やその周囲を温めることで血行が改善され、リラックス効果が増し、さらに筋肉もほぐされ、疲労物質も取り除かれます

目を温めるオススメアイテムとして「目の疲れ・充血・眼圧などの眼精疲労を治すアイテム4選 icon-arrow-right 」の記事でご紹介しています。

目の体操をする

瞬き体操

瞼をギュッと閉じ、5秒間ほど目を瞑ります。
瞼をパッと開いたら、連続して10回瞬きをしてください。

グルグル体操

瞼をギュッと閉じ、5秒間ほど目を瞑ります。
瞼をパッと開いたら、顔を動かさず、視線だけ2秒間右に向けます。
次に下、次に左へと2秒ごと時計回りに一周します。
これを3セット繰り返し、終わったら反時計回りに3セットしてください。

まとめ

  • 眼精疲労の症状は目と身体の大きく分けて2つ
  • 眼精疲労と疲れ目の違いは重症具合
  • 眼精疲労を引き起こしやすい環境
  • 眼精疲労の原因は内外的要因と様々
  • 眼精疲労に効果的な予防法とは睡眠やサプリ
  • 一時的な眼精疲労の改善法は目をあ温めたり体操をする

眼精疲労を見て見ぬ振りすることは、既に起きている目の病気を無視し悪化させることに繋がりますし、眼精疲労から目の病気になることもあります。

現に、私自身が眼精疲労の症状が出ていたことを無視して、緑内障予備軍となってしまったので、ただただ後悔でしかありません。

後で後悔せずに済むように、今から出来ることをして、目を労ってあげてください。

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

コメントを残す

*